こんにちは、魚屋あさいです。

店舗をもたないノマド魚屋として、ご自宅への出張解体ショーやケータリング、築地市場のツアー展開など「人と魚をつなぐ」活動している夫婦ユニットです。

2人:図1

お魚料理はなんだかハードルが高く、「パーティーフード」としてのイメージがつかないと思われている方も多いと思います。

刺盛り:図2

でも、実はとっても簡単なんです。魚介をまるごと使えば、魚介の出汁のおかげで何もしなくてもお店で食べるような味が簡単に再現できるんです。

今回は見栄えも華やかで、とってもシンプルなアクアパッツァのレシピをご紹介します。

アクアパッツァとは、白ワインと水で魚介を煮るイタリアの料理です。ゆっくりと火を入れていくと、魚がふっくらと炊きあがりますよ。

見栄えも華やかでとってもシンプルなアクアパッツァ

緑テーブル:図3

■材料
  • 鯛、カサゴなどの白味魚 1尾(頭がついているものがよいです、下処理が苦手な方は、スーパーでウロコ/エラ/ワタの処理をしてもらうと楽です)
  • ニンニク 5片
  • バジルの葉 適量
  • あさり 1パック
  • ムール貝(できれば)1パック
  • ミニトマト 1パック
  • 白ワイン 100cc
  • オリーブオイル 適量
  • 塩コショウ 適量
■手順
  1. アサリとムール貝を塩抜きします
  2. ウロコをとり、エラワタを抜いた魚の表面に塩をまぶします
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、刻んだニンニクをいれて香りをだします
  4. 魚をフライパンに入れ、両面を軽く焼きます
  5. 白ワイン、アサリ、ムール貝、ミニトマトを加え、魚が浸るくらいの水を加えます
  6. フタをして中火で煮て、魚に火が通ったら塩コショウで味を調え、バジルをちらして完成!

まとめ

お魚を1尾まるごと使うので華やか、貝の出汁が味に深みを出してくれて、お店のあの味が簡単に実現!見て食べて楽しめる一品です。

バゲットを添えて、出汁のしっかり利いたスープに浸すと白ワインがますます進みます!

ホームパーティのちょっと特別なおもてなしに、ぜひお試しください!