引用:柳宗理デザインシリーズ

工業デザイナーである柳宗理デザインの調理器具は、デザイン性と実用性が優れているため、多くの人々に愛されています。特にフライパンは、毎日使いたくなるような利便性優れたものが多く、調理後にそのまま食卓へ出せるような、オシャレな点も人気です。
今回は、あると便利な調理器具「柳宗理デザインシリーズ」5選を紹介します。

柳宗理らしさを感じる鉄フライパン

中でもオススメは「ファイバーライン加工の鉄フライパン」。IHにも対応しています。
フライパンの形にピッタリと合うフタも付いており役立ちます。丸い形ではなく、少しいびつな形をしている点がユニークで、柳宗理らしさを感じる一品として評判が良いです。このフライパンの使いやすさが、柳宗理デザインシリーズの人気にもつながっています。

焼きものに便利!グリルパン

フライパン以外には「南部鉄器グリルパン」もホームパーティーにあると便利です。パンの底に程良い加減で溝が施してあり、野菜や肉もうまく焼けるため、参加者みんなへ美味しい料理を提供することができます。

軽くて美しいアルミフライパン

さらに「アルミフライパンセラミックコーティング」。
軽さと、見た目もシンプルで美しいデザイン。柳宗理のフライパンならではの魅力があります。素材がアルミなだけに、使い心地抜群の軽さにも定評があります。

パン以外の調理器具も

柳宗理デザインの「パンチングストレーナー」も、パンチング加工の穴が洗いやすく、いつまでも清潔に使えるため人気があります。

まさに一生モノのやかんも

使いやすい「ステンレスケトル(やかん)」のデザインもしており、こちらも人気。
一般的なケトルよりも、素早くお湯が沸くことで好評です。短時間で沸騰可能なのは、熱伝導効率が良くなるように、ケトルの底部分を広くデザインしたため。機能性も配慮した柳宗理イズムが感じられる製品です。
使いやすいハンドルであったり、使い手の立場を考えたデザインが、人気の理由。熟練工の技術で製作されているため、多少価格が高めですが、長く愛用できる一生モノのケトルでもあります。

 

いかがでしたでしょうか。
ホームパーティーに限らず、日常の食卓でも大いに活用できる「柳宗理デザインシリーズ」。料理好きな人へのプレゼントとしてもきっと喜ばれると思いますよ。