上質なものを知っている人が集まるホームパーティーには、上質な手土産を準備したいもの。誰からも好まれる味の中には、職人のこだわりがたっぷり詰まっています。本日は「アンリ・ルルー」のキャラメルをご紹介します。

「アンリ・ルルー」とは

「アンリ・ルルー」とは、フランス・ブルターニュ地方出身の菓子職人の名前です。

1977年「Le Roux(ルルー)」を開店した彼は、当時ショコラの先進国だったスイスの製法をフランスに伝えた先駆者的なショコラティエ(チョコレート職人)であり、世界で唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)としても名を知られるようになりました。

30数年もショコラやキャラメルを作り続けた彼のレシピや技術、お菓子に対する想いのすべては、2代目シェフ ショコラティエ・エ・キャラメリエ ジュリアン・グジアンはじめ、若き職人たちへと継承され、2011年より「Henri Le Roux(アンリ・ルルー)」はメゾンとして次の時代を刻み始めました。

「アンリ・ルルー」のこだわり

「アンリ・ルルー」のC.B.S.(セー・ベー・エス=塩バターキャラメル)は、「アンリ・ルルー」発祥の地ブルターニュが誇る加塩バターと、ゲランドの塩を練り込むことで甘さの奥に絶妙な塩味が含まれた逸品です。

シルクのようななめらかなやわらかさは一度食べたら忘れられないほど。

素材の状態を最大限に活かすため、日々の気温や湿度によっても作り方を変えていくという職人のこだわりが、宝石のようなキャラメルを作り出しています。

アソルティモン・ドゥ・キャラメル 13個入りは手土産にピッタリ

ギフトBox_アソル

「アンリ・ルルー」を代表するC.B.S.(セー・ベー・エス=塩バターキャラメル)はもちろん、フルーツやショコラなど、厳選された素材を贅沢に楽しめる13個入りBOXは手土産にピッタリなサイズ感。

C.B.S.、ショコラ、ディアブル・ローズがそれぞれ3個ずつ、フランボワーズ、オランジュ・ジャンジャンブルが2個ずつ入っているので食べ比べることができますよ。

上質なものを知っている人が集まるホームパーティーには、上質な手土産を準備して、もっと素敵に楽しんじゃいましょう♪

協賛:「アンリ・ルルー」

http://www.henri-leroux.com/

国内店舗情報

東京ミッドタウン店
東京ミッドタウン ガレリアB1F

伊勢丹新宿店
伊勢丹新宿店 本館地下1階=カフェ エ シュクレ

高島屋玉川店
玉川高島屋 地階フーズギャラリー洋菓子

オンラインでも購入可能です。

http://www.yokumoku.jp/henri-leroux/