日本ホームパーティー協会のアンバサダーでもある、アイディアで非日常体験をつくりだす、パーティークリエイターのアフロマンス氏。

afromance

クラブの中で泡まみれになる「泡パ」や、街の中に巨大なウォータースライダーが登場する「Slide the City」、ハウスミュージックで踊りながらマグロがさばかれる「マグロハウス」など、さまざまなパーティーを仕掛けているアフロマンス氏が7月22日からスタートさせたのが・・・

佐賀県の干潟「ガタ」に漬かれる、都会の中でドロまみれになれるBAR「ガタバー(GATA-BAR)」です。

ガタバーとは

引用元 http://gatabar.com/

ガタバーで使用している「干潟」とは潮が引いたときに現れる海底のドロのこと。ドロの中をかわいく飛び回るムツゴロウの姿をテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。地元では「ガタリンピック」というドロまみれになるイベントも行われています。

ガタバーでは佐賀県から干潟を直送し、都会の中でドロまみれになれる体験ができます。

さらに、酒造りが盛んな佐賀県からさまざまなお酒やグルメが登場します。

ガタバー営業時間・場所

http://gatabar.com/

  • GATA-BAR(ガタバー)from SAGA
  • COMMUNE 246 エリア「TOBACCO STAND」
  • 東京都港区南青山3-13-22
  • 2016年7月22日(金) ~ 7月31日(日) 17:00~22:00

分かりやすさと意外性のサプライズパーティー

とても魅力的なパーティーを仕掛け続けるアフロマンス氏ですが、共通しているのは「分かりやすさ」と「意外性」のように感じます。

音楽を聞いて踊る場所だったクラブで泡にまみれたり、日常の空間にいきなりウォータースライダーが登場したり、語呂合わせのような「マグロハウス」であったり、そしてドロにまみれるガタバーであったり。

一言で伝わって、一言でワクワクできるもの。だからこそ、たくさんの人が夢中になるのだと思います。

サプライズパーティーを計画するときには、このふたつの要素「分かりやすさ」と「意外性」を大切にしてみるとよいかもですね。

ふだんのお部屋の中がバルーンであふれる、バルーンサプライズパーティーは「分かりやすさ」と「意外性」がある例だと思います。

また、これからの夏のシーズンなら大量の水風船を作ってゲストをお迎えする屋外パーティーも「水風船」という分かりやすさと、「大量にある」という意外性がおもしろそうです。

たくさんのアイデアで、楽しいホームパーティーを作ってみましょう♪

ガタバーも、ぜひ体験してみたいですね!