IF

お茶でごはんを炊くと、お米の甘さがひきたつのが不思議。エスニックな香りが食欲をそそります。
パーティーでは、鍋で炊いたごはんをそのまま食卓に出すと盛り上がりますよ!

ほうじ茶ライスのカオマンガイ

IF

6人分でStaub ココット22cmを使用しています。

・鶏もも肉(大)・・・1枚
・塩・・・適量
・お米・・・3合
・ほうじ茶(茎)で出したお茶・・・540ml
*ナンプラー・・・大さじ1.5
*顆粒鶏がらスープ・・・小さじ1.5
*生姜(千切り)・・・2片分
・パクチー・・・3束
<かけるタレ>
・ごま油・・・大さじ1.5
・ナンプラー・・・大さじ1.5
・レモン汁・・・大さじ1.5
・醤油・・・小さじ1
・オイスターソース・・・小さじ1

  1. ほうじ茶を煮出してお茶を作り、冷ます。お米はといでザルにあけておく。鶏もも肉はフォークで全体に穴を開け、塩をふっておく。
  2. 炊飯器に鍋に米と「1」で冷ましたお茶を目盛りまで入れ、*を加え全体を混ぜて30分程度吸水させたら、鶏肉を上に乗せて炊く。はじめの1分は強火で沸騰させ、弱火にして11分、火を止めて10分蒸らせばOK。
  3. 材料を混ぜ合わせたタレと、刻んだパクチーを添えて完成!

お茶でご飯を炊くという意外性がホームパーティーで話題になること間違いなしです。レシピも慣れると難しくありませんので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

大皿 彩子 (オオサラ サイコ)
(株)さいころ食堂 代表取締役 フードプランナー

広告やプロモーションのフードに関わるプランニング/プロデュース/原稿提供/メニュー開発 /料理教室の開催など“美味しい企画”を制作。中でもパンが好きすぎて、最近はパンの仕事ばかりしている。

さいころ食堂
http://saikolo.jp

Instagram
https://www.instagram.com/saikolo/