〜日本ホームーパーティー協会調べ/ホームパーティーの肉料理に関する実態調査〜

日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org)は、ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org)と共同で、「ホームパーティーの肉料理」に関するアンケート調査を行いました。その結果からいくつかをご報告いたします。

000

■ホームパーティーを「豪華に」「華やかに」するのが肉料理

Q.ホームパーティーで肉料理は出しますか?(必須)
Q.ホームパーティーに肉料理があった方が良いのはなぜだと思いますか?(複数回答可:必須)

67.5%の方が「ホームパーティーには必ず肉料理を出す」と回答しています。また、ホームパーティーに肉料理があった方が良い理由として、90%の方が「豪華な雰囲気が出せるから」と回答。次点が「食卓が華やぐから」で80%。多くの方がホームパーティーのテーブルを盛り上げるのが肉料理と考えているようです。
001002

■高級志向と、イベント志向に二分?「熟成肉ステーキ」と「シュラスコ」が人気

Q.ホームパーティーで食べてみたいお肉料理は何ですか?(複数回答可:必須)
Q.ホームパーティーの肉料理と一緒に飲みたいドリンクは何ですか?。(複数回答可:必須)

もっとも人気を集めたのは、65%の支持を受けた「熟成肉ステーキ」。近年の熟成肉ブームの影響もあって、ホームパーティーでも、贅沢に、美味しいものを食べたい、という人が増えているようです。また、どんなドリンクを合わせて楽しみたいか?という質問には、75%がスパークリングワイン、70%がワインと回答。こちらも、優雅にパーティーを楽しみたいという傾向を反映しています。

熟成肉と並んで60%の高い支持を得たのが「シュラスコ」。近年、都内のシュラスコレストランが人気を集めているように、こちらもブームの影響は大きいようです。「熟成肉ステーキ」と違って、こちらはよりカジュアルで、イベント性の高さが人気の料理。ホームパーティーの肉料理は「高級志向を味わいたい」か、「イベントとして盛り上がりたいか」、目的が二つに分かれることが伺えます。

003
004

■パーティーで肉料理を暖かいままサービスしたい!

Q.ホームパーティーの肉料理を作る時の悩みは何ですか?(複数回答可:必須)

一番の悩みは47.5%「コストがかかる」。良いお肉をサービスしたいと思えば、やはり素材にはお金がかかってしまうという部分が多くの人にとって悩ましいところのようです。次いで、35%という高い回答率だったのが「パーティーまでに冷めてしまう」という悩み。ホテルの会場やレストランなどで使われているフードウォーマーも、一般家庭での所有率は決して高くはありません。暖かい肉料理を出す為に苦労している方が多いようです。

005

■ローストビーフがオススメNO1の理由は?

Q.ホームパーティー、家飲みにオススメの肉料理は何ですか?理由も含めて教えてください。(フリー記述)

多くの方からオススメがあったのが「ローストビーフ」。理由としては「簡単で見た目が豪華に見える」「作るのは簡単だけど見栄えが良い」「華やかで、食べやすい」など、見た目や印象以上に調理の簡単さが挙げられてます。「無難に皆が喜ぶので、美味しいローストビーフをお取り寄せしています」という方もいて、お客様からの受けが良い、という点もオススメポイントの一つのようです。また、「鍋ごと出せるので、ビーフシチュー」「下ごしらえしておけば温めるだけのワイン煮込み」「前日に仕込みできるのでローストビーフ、ローストチキン」といった、当日の調理時間の簡易さからの回答も多数ありました。

その他「唐揚げ。取り分ける必要もなく、嫌いな人も少ないから」「鳥ハム。簡単にできてヘルシーで美味しいから。シンプルだけに合わせられる料理が多いから」「コストコのローストチキン。手間がかからず、見た目もゴージャスでおいしい」という方々も、簡単な割に人気があるという理由での回答でした。一方で、調理も楽しみながら、お客様を喜ばせられる、という料理好きの方々からは「豚スペアリブのマーマレード煮込み。ビールにもワインにも合うし、満足感のある料理なので」「ラムチョップ。フィンガーフードっぽい」など、の回答が寄せられました。

【調査概要】
調査期間:2016年6月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式
調査対象:16~40歳代までの男女から得られた有効回答、400名

 

●個人ブログや、Webメディアの方へ
当記事内の調査データは引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会調べ」http://hpaj.org/の表記とリンクを必ずお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当記事の引用、転載に関しては事前にご連絡頂ければ許諾します。当サイトお問い合わせフォームからご連絡ください。