日本でのホームパーティーカルチャーの普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org)は、ホームパーティー情報のwebメディア「ハウパ」の寄稿者に、フードアーティストの佐々木麻子さんを招聘。コラム、記事の提供を通して今後のホームパーティーカルチャーの普及にご助力いただくこととなりました。

sasaki001

佐々木さんは、100都市以上で食探訪を続けた経験を生かし、和食を中心に、外国料理のメソッドを取り入れたレシピ開発。また、フードアーティストとして韓国やマレーシアのアートスペースで、ワークショップを行うなどの活動を行ってきました。現在は、広告や雑誌のライティング、フードスタイリングなども担当しています。日本ホームパーティー協会では、そんな佐々木さんの知見を活かし、日本のホームパーティーカルチャーの普及に貢献して欲しいとの希望から執筆を依頼する流れとなりました。

【佐々木麻子(ささき あさこ) 】

Food Artist ・ 文筆家
1975年、神奈川県・横浜生まれ、茅ヶ崎育ち。
法政大学文学部日本文学科在学中に赤堀料理学園フードコーディネーター科を卒業。大学卒業後、編集プロダクション、広告制作会社などを経て、編集・ライターとして独立。仕事の傍ら、ジュニア野菜ソムリエを取得し、横浜のアートスペース「BankART」でイベント店舗「Asako’s Bar」を営業するなど食の世界へ携わるようになる。

2009年渡英。ロンドン郊外の公立カレッジ「Redbridge College」のシェフコースに通いながら、現地のミシュランレストランやベジタブルカフェの厨房を経験。帰国後もイタリア・ボローニャの料理学校に留学するほか、「フランス料理文化センター」主催のフランス料理基礎コースを受講するなど研鑽を積んでいる。

渡欧期間を含む2009年から現在まで、欧州・アジアを中心に100都市以上で食探訪を続けているため、和食を中心に、外国料理のメソッドを取り入れたレシピ開発が得意。

またFood Artistとして、韓国やマレーシアのアートスペースに滞在。ワークショップを行なうなど、海外での活動も広げている。

現在は、広告や雑誌のライティング、レシピ作成、フードスタイリングなどを担当。2011年からは「Conceptual Eat」をテーマに展覧会のケータリング料理などにも携わっている。

著書は「イラストでよくわかる 料理の基本とコツ」彩図社、
「作りおき ストックおかず」エイ出版社、
「インスタント食堂」(共著)宝島社など。

ブログ: https://asakosasaki.amebaownd.com/