こんにちは。フードコーディネーター、写真家の高梨亜里です。

今回は、いつものおうちごはんを「ちょっと」見せ方を変えることで、グッと特別感がアップするパーティーメニューのご紹介です。

写真1(5/20)

『ポテトケーキ』⇨ポテトサラダで作るおつまみケーキ

大人なお酒に合うパーティーメニューとしても、
甘いものが苦手な方のバースデーパーティーにも持ってこい

上段は紫のじゃがいも(シャドークイーン)、クリームチーズ、マスタード、オリーブオイルを合わせた大人向け。
下段の黄色いじゃがいも(北あかり)、マヨネーズ、炒めタマネギ、を合わせたベーシックなポテトサラダ。(今回はソーセージも加えました)
「お酒に合う」と「子供が喜ぶ」を両立するメニューです。
親子パーティーなら、2層のポテサラを、上と下でシェアして食べても良いですね^^

じゃがいも1種類でも、味付けや具材を変えて、カラーリングを楽しむのも手!
例えば、みじん切りのパセリをたっぷり混ぜて、きゅうりやグリーンピースなどを入れたら、グリーン系のポテサラになりますし、
かぼちゃサラダと二層にしても、可愛いですね^^

「でも、ケーキ型がない!」
そんな時は牛乳パックを利用します。
長方形の辺を利用して縦にカットし、盛りつけたいお皿に合わせて円を作りテープで止めて型の代わりにします。
それにポテトサラダをギュっと詰めていき、テープを外し型をはがせば、綺麗に仕上がりますよ。

上のトッピングは、写真のように、いくらとセルフィーユを飾れば、お酒のおつまみ感がアップ。
お子様と食べるなら、型抜き野菜やサラダリーフなどでも可愛いですし、
パーティーのシーンや、ゲストのお好みに合わせて、ぜひトッピングも楽しんでみてくださいね。

写真2(5/20)

もう一つは、
『グラスでデコケーキ』⇨ガラス皿でデコレーションする甘いケーキ

透明のガラスの器を生かして、側面全体にスライスしたフルーツをバランスよく貼りつける。
ホイップクリームをその内側に適量を絞り、カットしたカステラを並べ、再びクリームで覆い、最後に表面にもフルーツを飾る。
絞りやデコレーションが得意でなくても、失敗なく、可愛いデザートケーキが簡単に作れちゃいます。
カステラも市販のものを利用すれば、手早く簡単に作れますよ!

写真3(5/20)

写真4(5/20)

写真5(5/20)

写真6(5/20)

↑『この日のメニュースケッチ』