近年注目度を増している「グランピング」(超豪華なキャンピング)。これから到来するキャンプシーズンに向けて、日本でのホームパーティーカルチャーの普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org)は、「キャンプ、グランピング」に関するアンケート調査を行いました。その結果の中からいくつかをご報告いたします。

glanping800

■グランピングの認知度は5割強!関心を持つ人は9割越え!
Q.「グランピング」という言葉を知っていましたか?
Q.「グランピング」とはグラマラス・キャンピング(超豪華なキャンピング)のことで、自然の中に風呂やトイレ、ソファ、ベッドなどの快適な宿泊設備を用意して、優雅に自然を楽しむスタイルのレジャーです。そんなグランピングを体験してみたいと思いますか?

「グランピング」という言葉について、48.9%の人が知っていたと回答。初めて聞いた人35.6%と二分した結果となりましたが、なんとなく知っていた、聞いたことはあったが意味がわからなかったなども合わせれば、知名度はかなり高いようです。また、グランピングの体験者は11.1%。体験してみたい、安くできるなら体験してみたいと答えた人を含めれば、9割以上の人たちが、高い関心を持っていることがわかりました。
01

■アウトドアの魅力は、キャンプ、グランピングも変わらず

Q.キャンプの良いところはなんだと思いますか?(複数回答)
Q.「グランピング」でやってみたいアクティビティはなんですか?
キャンプの魅力については大きく票を伸ばしたのが「自然を楽しむことができる」88.9%、「非日常を体験できる」75.6%の二つの要素。また、グランピングで体験してみたいアクティビティでも、抜きんでて票を集めたのは、キャンプの定番「バーベーキュー」の80%。次点につけたのが「星を見る(天体観測)」の75.6%でした。グランピングとはいえ、キャンプならではの非日常感を楽しみたいという志向は変わらないようです。

02
03

■キャンプに対する不安と、グランピングの立ち位置

Q.キャンプで不安なことはなんですか?(複数回答)
キャンプへの不安要素として、上位に上がったのが「雨」(64.4%が回答)や、「気候(寒い、暑い)」(48.9%が回答)といった自然の中ならではの環境。また「トイレ」(53.3%が回答)など「設備」に関するものがありました。本来、キャンプとは無縁なはずの「電源がない」(35.6%が回答)という項目も上位に来ていることから、アウトドアは楽しみたいが、快適な生活から離れるには不安も多い、という傾向があります。

04

Q「グランピング」を行うなら、どんな料理を食べたいですか?(フリー記述)
また、グランピングで食べたい料理として「バーベキュー」や「ダッチオーブンでの料理」といったアウトドア志向のものに加えて、「フレンチかイタリアンのフルコース」「キャンプ風にアレンジしたコース料理」「ビーフシチュー」「ケータリング料理」といった、家でのパーティーでも楽しめそうな料理がそれぞれ複数の回答を集めており、自然の中で「より美味しいものを食べたい」という欲求があることがわかります。

自然の中で暮らす非日常性と、快適さのハイブリッドが、近年の「グランピング」人気の要因といえそうです。

【調査概要】
調査期間:2016年4月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式
調査対象:20~60歳代までの男女から得られた有効回答、450名

 

●個人ブログや、Webメディアの方へ
当記事内の調査データは引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会調べ」http://hpaj.org/の表記とリンクを必ずお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当記事の引用、転載に関しては事前にご連絡頂ければ許諾します。当サイトお問い合わせフォームからご連絡ください。

保存