アスパラガスとワイン

日本ホームパーティー協会のワイン担当hiro(ワインアドバイザー)です。

桜の時期も終わり5月のGW(ゴールデンウィーク)が近くなると、ホワイトアスパラガス、次いでアスパラガスが市場に出始めます。
今回はホワイトアスパラガス&アスパラガスに合わせるワインをご紹介したいと思います。

新緑の5月前後、欧州ではアスパラガスが一斉に市場へ出始めます。
それと時を同じくして、ドイツやオーストリアなどではこのアスパラガス、特にホワイトアスパラガスに合わせるワインも市場に出始めます。
名前はドイツ語でSpargelwein(シュパーゲルヴァイン)。意味は「アスパラガスワイン」で、そのままですね(笑)。

シュパーゲルヴァインのイメージ

このシュパーゲルヴァイン、基本的には前年に収穫されたブドウから造られ、少々緑がかった淡い色合いの白ワインです。
新緑の若草を思わせるさわやかな緑の香りと、さっぱりとした飲み口から、まさにアスパラガスにうってつけのワイン。
それだけではありません。その香りと味わいから、アスパラガスの時期だけにとどまらず、晩春から初夏にもぴったりのワインです。

アスパラガスの時期に市場へ出始めるワインだけに、ワインラベルにはアスパラガスの絵が描いてあることが多く、ひと目でシュパーゲルヴァインと見分けられます。これはそれだけこの時期を楽しみにされている方が多いからでしょうね。

日本にも一部が輸入されており、価格は1500〜2000円程度で購入可能です。

シュパーゲルヴァインの例

間も無く、日本でも国内産&海外産のホワイトアスパラガス、そしてアスパラガスが出回り始めます。
旬のアスパラガスをいただきながら、そのためにリリースされるシュパーゲルヴァインを楽しんでみませんか?