食後に“ポートワイン”はいかが?

日本ホームパーティー協会のワイン担当hiro(ワインアドバイザー)です。

あっという間に1月下旬となり、バレンタインが近づいてきました。
バレンタインと言えばチョコレートですが、チョコレートに合わせるワインとして定番なのが“ポートワイン”。
今回は、このあまり馴染みがないかと思われるポートワインを知っていただきたく、ご紹介したいと思います。

ポートワインは、ポルトガルの指定地域で造られている酒精強化ワインと呼ばれるタイプで、通常ワインのアルコール度数が13度前後なのに対し、20度前後と高いのが特徴です。
これは、ブドウの発酵途中にアルコール度数の高いブランデーを加えることで醗酵を止めていることに由来するのですが、同時にブドウの糖分が残り甘さを感じるワインが産まれることにもつながっています。
また、ブドウの生産地域だけではなく、熟成を行う地域も限定されており、発酵後に最低3年間(ワインによってはそれ以上)に渡ってその地域で樽熟成されます。
赤と白があり、通常ポートワインと言えば赤を指します。白は余り見かけない珍しいもので、ホワイトポートと呼ばれています。

ルビー色に輝くポートワイン

さてこのポートワイン、「ポルトガルの宝石」と呼ばれるほどに澄んだツヤのある美しいルビー色をしています
また、そのアルコール度数と糖度の高さから、他のワインには見られない独特の甘味と奥行きある味わいがあります。抜栓してからもその香りや味わいは、通常のワインのような急激な変化はせず、比較的長い期間に渡って楽しめます。

食後酒として楽しむことが多い甘いワインですが、食後にそれほど多くの量を楽しむわけではないので、保存ができるのはありがたいですよね。

ホームパーティーで最後にお出しする食後酒として。
またチョコレートなどのスイーツとともに、ルビー色に輝く美しいワインが1杯あるとステキだと思いませんか?

「でも価格が・・・」
ご心配なく。ワインショップやネット通販などで750mlボトルで2000円前後から市販されていますので、お求めやすいですよね。

ポートワインボトルの例

見た目美しく、味わい深く、保存しやすく、そしてお求めやすいなんて、嬉しいことづくめです。

楽しいホームパーティーの最後を飾るワインとして、また美味しいチョコレートのお供として、ぜひポートワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。
きっとお気に召すことまちがいなしです!