150623ワークショップ写真

まだまだ空けない梅雨。スーパーに青梅が並んでいる季節でもあります。
そんな青梅をつかった夏を乗り切るための梅酢と梅シロップのレシピをご紹介。
梅酒だけじゃない、お子さんも楽しめるレシピになっています。

2

・梅の下準備
1ヘタを楊枝で取り除きさっと洗う。
2きれいな布巾で水気をふきとる。

・保存瓶の準備
1きれいに洗ったあと熱湯をかけて殺菌しよく乾かす。
2アルコール消毒液や焼酎などを染み込ませた布巾で全体を拭きあげておく。

・梅酢
梅 1kg
米酢 600ml
はちみつ 600g 1下準備した梅を殺菌した保存瓶にい れ、酢、はちみつもいれる。 2直射日光のあたらない場所に 3 か月程 置いたら出来上がり。

・梅シロップ
梅 1kg 砂糖 1kg 1下準備した梅を保存瓶の中に砂糖と交 互にいれる。 2シロップがあがってくるまで 1 日数回 瓶をゆすってあげる。 3直射日光のあたらない場所に置いてお く。作って 2 週間位から飲めます。

・野菜の即席漬け
お好みの野菜 200g (きゅうり、かぶ、みょうがなど) 梅酢 大さじ2
塩 小さじ1 1野菜を食べやすい大きさに切る。 2塩でもんで、5分ほどおき水気を絞る 3梅酢であえて漬けておく(1時間~お好み)

・夏の混ぜご飯
ご飯 2合
梅酢 大さじ7
塩 小さじ1 大葉、みょうが、絹さや、オクラ、じゃこ、 ラディッシュ 1*を先に合わせておく。炊きたてのご飯に *を混ぜて酢飯を作る。 2混ぜる具材を細かく刻んで、酢飯と混ぜる。 3最後にスライスしたラディッシュを飾る。

・冷やし中華のたれ 梅酢 : しょうゆ 1:1

・梅ジュース
梅シロップ 適量
氷と水で薄めていただく。炭酸でも美味しい。

寄稿いただいたのは、毎月「暮らしをちょっと豊かに」をテーマに料理教室「暮らしのテーブル」を主催するソラマメさん。昭和13年に建てられた家をリノベーションしたスペースで、普段なかなか触ることのできない作家さんの器をつかって”ちょっと暮らしを豊かに”がコンセプト。

7月にはトマトの美味しい季節にぴったりのトマトをつかった料理教室も開催されるそうです。
申し込みはコチラ:暮らしのテーブル 7月は「トマトケチャップ」

・記事提供
うつわ、ごはん、暮らしの倉庫
kurachiffon