自分がホストになってゲストを招く場合は、料理やデザート以外に、いろいろな演出にもこだわりたいもの。そこで今回は、ロマンティックなキャンドルを使った素敵な演出をいくつかご紹介します。

テーブルの照明をキャンドルだけにする

暗くても良いんです。お料理がよく見えなくても良いんです。ゲストが座るテーブルにいくつもキャンドルを置いて、テーブルまわりの照明は落とします。ゆらゆらとゆれる炎には人を興奮させる作用もあるとか。ゲスト同士の話も弾んで、楽しいパーティーになること間違いなしです。

Guess-who-is-coming-to-dinner

引用元:
http://www.topinspired.com/top-10-things-to-do-for-your-husband-and-your-marriage/

1人1人にキャンドルを持ってもらう

ゲストが大人だけで、立食や、あるいは座席を指定しないカタチのパーティーなら、会場の照明を落として、ゲストひとりひとりにキャンドルを持ってもらうアイデアも素敵。暗い中でキャンドルの灯りだけというシチュエーションはアドレナリンが出るので、ゲストにドキドキ、ワクワクする感覚を味わってもらえます。みんながドキドキしているパーティーが盛り上がらないはずありません! ゲストに持ってもらうキャンドルのホルダーは、手持ち可能なものを用意してくださいね。ドキドキの感覚を共有すれば、あなたがシングルなら、新しい恋が生まれるかも?

スクリーンショット(2015-03-24 14.01.05)

引用元:
http://shopruche.com/lace-and-lavender-bridal-lookbook.html?utm_source=pinterest&utm_medium=sm&utm_content=laceandlavender&utm_campaign=pin_lookbook

会場へ導線をキャンドルでライトアップ

夕方~夜のパーティーで会場が一軒家などなら、玄関や入口までの道にキャンドルを置いてみましょう。パーティーというと料理や部屋のデコレーションにばかり気が行って、足元の演出はどうしても忘れがちです。だからこそ、あなたのセンスの良さもアピールできて一石二鳥。空が暗くなるにつれてライトアップされて、会場に入る前から、ゲストに楽しくなりそうな予感を持ってもらうことができます。風でキャンドルが倒れたりすることもありますから、もし心配なら、電池式のLEDライトなどで代用することもできます。

candlelit-walkway-weddings-decor-candles

引用元 http://www.intimateweddings.com/blog/let-there-be-light-15-ideas-for-candle-decor/

暗くなりがちな会場の隅も、キャンドルでムーディーに。

自宅でも、どこかの会場でも、隅っこはたいてい暗くなってしまいませんか? そんな隅のスペースも、キャンドルを使ってあたたかみのあるロマンティックな空間に変えてしまいましょう。耐熱ガラスで出来た深めの小瓶の中にキャンドルを固定し、それを壁から吊るすだけで、即席のウォールライトの出来上がりです。吊るしてあるので、誤って蹴り倒す心配もありませんし、会場のスペースを有効に使うことで、ゲストみんながくつろげる、ゆとりあるパーティーにしましょう。

il_570xN.579989760_6r02

引用元:
https://www.etsy.com/jp/listing/183629529/free-shipping-4-diy-mason-jar-luminary?ref=sr_gallery_19&ga_ref=error_page_redirect&ga_search_type=all&ga_view_type=gallery

シンプルなホルダーも、ちょっとの工夫でこんなに素敵に!

パーティーだからといって、そんなにあれこれ新しく揃えなくても大丈夫です。普段使っているキャンドルホルダーに、100円ショップでも見つけられるレースをくるりと巻くだけで、こんなにデコラティブなキャンドルホルダーに変身します。席に着いた時、こんな素敵なキャンドルが目の前にあったら、ゲストもきっと驚くでしょう。パーティーには、料理やドリンク類などあれこれ費用がかかるものです。普段使っているものを上手に使いまわすことが出来れば、その分の費用をほかに回せるので、パーティーの内容をランクアップさせることが出来ます。

スクリーンショット(2015-03-24 14.04.58)

引用元 https://www.pinterest.com/reneeward14/halloween/

キャンドルを使った演出は、なんといってもムードが盛り上がります。それに、電源も不要なのでどこにでも飾ることができるのも大きな魅力ですね。ぜひ、キャンドルを効果的に使って、楽しく素敵なパーティーを演出してみてください。