たまに部屋に色を加えたいな、と思うことはありませんか? そんな時に活躍するのが彩り鮮やかなお花です。最近では、花屋さんではすでに綺麗にアレンジしてくれているところもあるようです。あなたのライフスタイルにも、お花を加えてみてはいかがですか? 今回はあなたのライフスタイルを彩ってくれる花たちをご紹介します。

簡単に彩れる花のアイデア

今まで置いたことない、飾ったことないからどんなふうに飾ればいいのかわからない、という方には、シンプルだけれども彩が暮らしを豊かにしてくれるアイデアをご紹介いたします。

ドア付近においてみる

スクリーンショット-2013-04-28-21.27.17
引用元:http://www.interiordesignbox.com/?p=8038
何も難しくいろいろなお花をお部屋に…と考える必要はありません。暮らしを変えるのに、まずは家のドア前に1つお花を置いてみるのはいかがですか? ドアに掛けるのもありです!鮮やかなお花を1束置くだけでも、お家の雰囲気はガラッと変わるものですよ!

玄関にさりげなく置いてみる

s-cimg3027
引用元:http://www.hana-koubou.net/blog/archives/1720
玄関にさりげなく置くだけでも華やかさは表れます。玄関に置く際には、ペットボトルや100円ショップなどで買った小瓶をアレンジしてみるなどして、自分のオリジナルの世界を作っても楽しいかもしれません。

インテリアにあった花を選んでみる

13713
引用元:http://cul.7cn.co.jp/programs/program_512182.html
やはり部屋に飾るのであれば、誰でも部屋のインテリアは考えるもの。自分の部屋の雰囲気に合ったお花を選んでみましょう。

白が基調のお部屋の場合

mok4
引用元:http://vipworks.net/interior/flower-scandinavian-design-family-house-sweden.html#.VIvjHe-_xlY
白が基調の淡い色などで統一されたお部屋には、薄いピンクや黄色のお花をチョイスしてみてはいかがでしょうか。お部屋の中で浮くこともなく、華やかさをプラスしてくれます。

summer-house-inspiration-blue-and-white-754x1024
引用元:http://iemo.jp/photos/31310
白と青を基調とした清潔感溢れるお部屋には、同じような色のお花を選ぶのが良いでしょう。より清潔感が引き立ち、上品さを出すことができます。

原色使いのお部屋の場合

fireplace-and-colorful-patterned-textiles-by-Josef-Frank
引用元:http://howpa.jp/3227/
元々原色が主に使われている賑やかなお部屋なら、思い切って原色の派手なお花を使ってみては?薄いピンクなどの淡い色を使ってしまうと、お部屋の色にかき消されてしまう可能性があります。ぜひお部屋に合った原色系の色をチョイスしてみてください。

いかがでしたでしょうか。お花を飾る、といっても難しく考えることは全くありません。ぜひ楽しみながら、自分の生活を豊かにしてくれるお花を選んでみてくださいね! あなたのライフスタイルがより彩りよくなることを願っています。