10414524_711419088901446_2080433598534674904_n

以前、知らないと損する世界の食事マナーをご紹介しました。
今回は後編です。該当する国への旅行やパーティーに参加する際には、頭の片隅に置いておいてくださいね。
ーーーーーー
■モロッコ:ビニールカバーで覆われたテーブルの場合、骨などの食べられない部分を投げ捨ててOK。
■エジプト:食事に塩をかけるのはNG。作った人への侮辱と見なされる。
■エジプト:カップにお茶を注ぐ際、受け皿にお茶がこぼれるまで注ぐ習慣がある。
■エジプト:自分でグラスに飲み物を注ぐのはNG。誰かが注いでくれるのを待つ(誰も気付かない時は、他人のグラスに飲み物を注ぐことでサインを送る)。
■アフガニスタン:食事は右手だけを使う。
■アフガニスタン:パンが床に落ちた時は、それを拾ってキスしなければならない。
■アルゼンチン、チリ、ボリビア、ペルーなど:大地の女神に感謝を示すため、飲み物を床にすこしこぼす儀式がある。
■チリ:手づかみで食べるのはNGで、とても不作法なことになる。フライドポテトでもダメ。
■中国:食卓を汚し、食後にはゲップをすることで、料理を楽しんだことを示す。
■中国:食事を少し残して「お腹いっぱい」ということを示す。
ーーーーーー
エジプトの「塩を振るのがNG」というのは知りませんでした;気づかずにやってしまいそうです。中国の料理を残すマナーは意外と有名で知っている方も多いかもしれませんね(by kid)