こんにちは。料理(フード)フォトライターのharu.です。カラフルでみずみずしい夏野菜が大活躍の季節がやってきましたね!

今回は、パーティーテーブルを華やかにするための、食材の色のお話。パーティーテーブルをフォトジェニックにするために、ぜひおさえておきたい「食材の色」をご紹介します。
次回のパーティーにすぐ使える!SNSで目を引くパーティー写真を撮りたい方必見のTIPSです♪

うつわよりも食材で!ポイントをおさえて色鮮やかなテーブルを演出しよう。

 

まずはこちらの写真を参考にお話をしていきたいと思います。こちらは洗練したパーティーテーブルになるようにと考えて、ガラスや白の食器類を選んでいます。その分、食材は色鮮やかなものをチョイス。

食器類をカラフルなもので揃えるのももちろん良いのですが、テーブルの中で大きい面積を占める食器類を色鮮やかなものにすると、写真全体がごちゃっとしがちです。

なので「テーブル全体に色を加える」というよりは「色鮮やかな食材を使用する」と考え、食材の中でも比較的テーブルを明るくする「赤」「緑」「黄色」の3色の食材を、できるだけ使用するように心がけています。

3色使用する、ということを頭において、もう一度先ほどの写真を真上から見てみましょう。

 

迷ったらこの食材を使え!使いやすい3色の食材とは?

例としてもう1枚、朝ごはん向けパーティーテーブルの写真をご紹介します。パスタとサラダの簡単なワンプレートと、スープ・デザートなどのテーブルです。全体的にも色を3色使用するよう気をつけていますが、ワンプレートの中だけでも、3色の食材をバランス良く配置しているのがわかりますでしょうか?

この写真でもトマトやパプリカなどを使用していますが、手軽に手に入る食材でしっかりと素敵にカラフルなテーブルを作ることが可能なのがわかると思います。

それではここで、以下に私がよく使用している3色の食材の一例をご紹介します。ぜひ参考になさってください!

【赤】トマト、赤パプリカ、タコ、エビ、イチゴ、ラズベリー、りんご

【緑】レタス、キャベツ、アスパラ、ブロッコリー、ロマネスコ、ほうれん草、春菊、菜の花、ピーマン、ハーブ類

【黄】たまご、黄パプリカ、トウモロコシ、かぼちゃ、チーズ、マンゴー、オレンジ

黄色の食材であるたまごを使った料理などは、たまごを常備していることもありかなりの頻度でテーブルに登場しています。冷凍のベリーやブロッコリーなども冷凍庫に常備しておくと、色が足りない時にとても重宝します。

このように、冷凍食品や手軽に手に入る食材で色合いの良い食材を常備しておくと、パーティーにはもちろん、普段使いとしても、テーブルを華やかにするのにかなり役立つと思います。

普段から色鮮やかな食材を使用して、センスを磨いちゃおう!

今回は、色鮮やかでフォトジェニックなパーティーテーブルを作るためのポイントのひとつとして、食材の色のお話をご紹介しました。

パーティー以外の普段の食卓。パーティーじゃないし、写真は撮らないし…。という時でも、できるだけ食材を3色使用し、きれいに盛り付けをしてみましょう。これだけで色彩感覚も良くなり、盛り付け技術も上がっていくと思います。

パーティーテーブルを考えるときに写真映えをちょっと気にして、食材を3色を使用することを心がけてみてくださいね!