ホームパーティーと聞くと、ついつい大人達だけが楽しむ空間と想像しがちですが、是非子供達とも一緒に楽しんでください!
年間を通じて、子供と一緒に楽しめるホームパーティーがありますよ!
今回は「キッズパーティー」をテーマに、小学校低学年以下のお子様をお持ちでホームパーティー好きな方々へ伺ってみました。

 

〜日本ホームパーティー協会調べ/「2017キッズパーティー」に関する実態調査〜

 

■もはや「誕生日」「クリスマス」「ハロウィン」は定番キッズパーティー

Q.これまでにどんなキッズパーティーへ参加しましたか?(複数回答可)
A.ホームパーティー好きな人へ聞いたところ、参加経験が特に多かったキッズパーティーとして、「誕生日」(81%)、「クリスマス」(76.2%)、「ハロウィン」(69%)の結果に。それ以外には、「子供の日(端午の節句)&ひなまつり」(33.3%)、「ベイビーシャワー」(26.2%)、「イースター」(21.4%)、「ハーフバースデー」(19%)、「節分」(11.9%)といった回答が集まりました。

■キッズパーティーの主流は季節毎のイベント

Q.どのくらいの頻度でキッズパーティーに参加しますか?
A.ホームパーティー好きな人へ聞いたところ、多くの回答を集めたのは「年間の特定日(子供の日、クリスマスなど)」(40.5%)でした。次いで「3ヶ月に1回」(28.6%)、「半年に1回」(14.3%)、「1年に1回」(9.5%)、「月に1回」(7.1%)と続きます。

 

■今回のキッズパーティーに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティーとビクニック研究家 高橋ひでつうの見解
「ここ数年急激に一般的なキッズパーティーとして盛り上がりを見せるハロウィン。親子での仮装も 大いに楽しめてSNS映えする要素も多いので注目です。また、毎年お花見前に開催されるイースターもカラフルで非常にSNSとの相性が良く、ハロウィンに次いで要注目です。定番の誕生日に関して言えば、最近の興味深いところでは、生後6ヶ月の赤ちゃんを祝うハーフバースデーの人気です。毎年の誕生日に加え、ハーフバースデーも加わり誕生日をテーマにしたビジネスチャンスはまだありそうです。こういった年間特定イベントに紐づいたキッズパーティーは今後ますます増えるのではないでしょうか。」

 

■家以外の開催場所に「飲食店」「マンション共用スペース」「レンタルスペース」

Q.開催場所はどこですか?(複数回答可)
A.ホームパーティー好きな人へキッズパーティーの開催場所を聞いたところ、圧倒的に多かったのは、「家」(90.5%)です。その他「飲食店」(31%)、「マンション共用スペース」(19%)、「レンタルスペース」(14.3%)の結果に。その他意見としては「公園」、「写真スタジオ」といった回答が集まりました。

 

■キッズパーティー参加者は10人までがベスト!?

 

Q.キッズパーティーの参加者は何人くらいが良いですか?
A.ホームパーティー好きな人へ聞いたところ、「10人以下」(50%)が半数の意見を獲得。次いで「20人以下」(23.8%)、「20人以上」(11.9%)、「5人以下」(11.9%)、「親族のみ」(2.4%)と続きます。

 

■子供へのプレゼント予算は「1000円」、参加費は「2000円」or「1000円+持寄り」が主流に!

Q.キッズパーティーの参加費はどのくらいが良いですか?
Q.キッズパーティーのプレゼント費用はどのくらい?
A.気になる予算を伺ったところ、参加費の最多が「2000円」(26.2%)となり、次いで「1000円+持寄り」(19%)、「2000円+持寄り」(14.3%)、「持寄りのみ」(14.3%)、「1000円」(11.9%)と続きます。
プレゼント費用は、「1000円」(64.3%)、「2000円」(14.3%)がメインとなり、その他は「3000円」(4.8%)、「500円」(4.8%)、「4000円」(2.4%)の回答となりました。

 

■今回のキッズパーティーに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティーとビクニック研究家 高橋ひでつうの見解
「キッズパーティーの開催場所は、他の場所で開催するよりも気兼ねなくリラックスできるという理由から、自宅開催が圧倒的に多いですね。
キッズパーティー開催に重宝できるマンション共用スペースの有無は、ホームパーティー好きの住まい選びにおいては大きなポイント。重要な付帯設備として今後のマンション購入の判断材料にもなるのでは?
また近年、ファミリーレストランやファーストフード店にも、パーティースぺースやパーティーメニューが増えていることからもキッズパーティー需要の現れが垣間見れます。一人のお子さんを皆で祝う形式はもちろん、その月の誕生日のお子さんを集め、月に一度まとめて合同開催キッズパーティーをするのも盛り上がって良いですね。」

 

■キッズパーティーのメリットは、子供の「思い出作り」&「友達作り」&「持寄りで色々楽しむ」

Q.キッズパーティーのメリットとは?(複数回答可)
A.ホームパーティー好きな人へキッズパーティーのメリットを聞いたところ、圧倒的に多かったのは、「子供の思い出作り」(83.3%)です。その他「子供の友達作り」(40.5%)、「持寄りで色々楽しめる」(40.5%)、「ママ友・パパ友作り」(38.1%)の結果に。

 

■キッズパーティーのデメリットは、「後片付け」&「子供の体調に左右される」

Q.キッズパーティーのデメリットとは?(複数回答可)
A.反対にキッズパーティーのデメリットを聞いたところ、「後片付けが大変」(59.5%)と「子供の体調で参加できない」(57.1%)が半数以上の意見に。次いで「子供が騒ぐ」(33.3%)、「プレゼント不要と言われて本当に持っていくか悩む」(26.2%)、「おしゃれな料理を作る甲斐がない」(16.7%)、「親の都合で参加できない」(11.9%)と続きます。

 

■思い出のエピソードとして「写真撮影」「料理作り」「コスチューム」など

Q.キッズパーティーでの思い出のエピソードがあれば教えてください(フリー回答)
A.以下のようなエピソードを頂きました。
「お泊まり会付きは、子供が寝たあとお酒を飲みながらの大人タイムが楽しみ」
「たこ焼きやピザなど、作る過程から子供と一緒に楽しむパーティーがおすすめ」
「イースターのエッグハントが想像以上に盛り上がった」
「コスチューム有りのごっこ遊びが楽しかった」
「子供と親との写真が撮れる。子供だけの写真は多いが一緒に撮影してもらえる機会が増えるのは嬉しい」
「息子の誕生日参加者へお礼代わりにお揃いの帽子をプレゼント。何かある度にその帽子を被って来てくれるのが嬉しかった」
「意外と流しそうめんも盛り上がります。スライダータイプがおすすめ」

 

■今回のキッズパーティーに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティーとビクニック研究家 高橋ひでつうの見解
「お子さんを持つ方がキッズパーティーに参加するメリットとしては、上記結果以外に【情報交換】が挙げられると思います。子育て世代が集まることから、様々な意見や会話が生まれます。さらに自宅などでの開催時には【リラックスして楽しめる】【装飾が自由にできる】【予算が安くすむ】のも大きいかと。自由に自宅をデコレーションして非日常感を楽しみつつ、費用の割り振りも自由に設定できます。そして最後に【SNS映えする】のがポイント。装飾やお料理などフォトジェニックな要素を会場に散りばめれば、SNSの投稿素材としても十分に使えると思います。」

【調査概要】
調査期間:2017年7月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:小学校低学年以下のお子さんをお持ちでホームパーティーが好きな方から得られた有効回答、420名

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。
過去のアンケートは以下をご覧ください。
http://hpaj.org/research/

保存