Food Artist・文筆家の佐々木麻子です。海外のホームパーティーや国内でのケータリング経験から、誰でも手軽に作れるパーティー料理レシピについて、お伝えしていきたいと思います。

今回は、電子レンジを使えば2分で作れるホットチョコレートの作り方をご紹介します。春とはいえ、まだまだ寒い日のホームパーティーにお役立ちのレシピです。

ホットチョコレートは寒い日のウェルカムドリンクに最適♪

昨日3月14日は『ホワイトデー』でしたね。
ホワイトデーでもらったチョコレートを使って、今日のような寒い日のパーティーに、まず来てくれたゲストをホットチョコレートでおもてなしはいかがでしょうか?

インスタントも良いですが、電子レンジを使えば、あっと言う間に本格ホットチョコドリンクの出来上がり!ジンジャーパウダーなどのスパイスを加えれば、さらに身体も温まります。

おなかをすかせたゲストも温かいドリンクを飲んでほっと一息つくことで、遅れているゲストや料理を待ってもらう余裕も生まれますよ。

電子レンジを使えば2分!ホットチョコレートの作り方

choco01_main02

choco01_01

【材料・2人分】
・牛乳…200ml
・生クリーム(脂肪分35%)…100ml
・好きなチョコレート…60g

ホイップクリーム、ミニマシュマロ、シナモンパウダー、
黒コショウ、チリパウダー、ジンジャーパウダーなど…お好みで

【下準備】
チョコレートは包丁できざんでおく。

【作り方】
1.鍋に牛乳、生クリームを入れ、沸騰寸前まで温める。
※カップに1人分の牛乳、生クリームを入れ、電子レンジの牛乳モードで温めてもOK(約1分)

2.(1)にチョコレートを加え、余熱で溶かす。

あとは、カップに注ぎ、お好みでトッピングするだけ。

人数が多い場合は鍋で作る方が簡単ですが、数名の場合はゲストが訪れる度に電子レンジで作ると良いでしょう。
choco01_main01

ホットチョコレートの上には、たっぷりのホイップクリーム、チョコチップをトッピングするのが主流。マシュマロやシナモン、黒コショウをトッピングするのもGOOD。

ウェルカムドリンクでゲストの身体を温めるのはもちろん、ホットチョコレートを提供することで、手軽にバレンタインデーの雰囲気=季節感を出すことができるので、おすすめです。

ココアがメジャーな日本では、ホットチョコレートは少し珍しいドリンクですが、欧州のコーヒーショップでは定番メニュー。懐かしく思った人から海外の話が聞けるなど、場が盛り上がることもあるかも。このようにパーティーのメニューは、ゲスト同士がその場で盛り上がったり、後日、別の友人にちょっと自慢出来たりするものを選ぶと、輪がつながるきっかけになると思います。

これからもパーティーに役立つメニューをご紹介したいと思いますので、お楽しみに。

シェア
前の記事【予算、場所、料理、内容など】2017年のお花見に関する様々なアンケート結果を発表!
次の記事春になったら♪お花見ピクニック♡【よしだ ありさ】
佐々木麻子
1975年、神奈川県・横浜生まれ、茅ヶ崎育ち。 法政大学文学部日本文学科在学中に赤堀料理学園フードコーディネーター科を卒業。大学卒業後、編集プロダクション、広告制作会社などを経て、編集・ライターとして独立。仕事の傍ら、ジュニア野菜ソムリエを取得し、横浜のアートスペース「BankART」でイベント店舗「Asako’s Bar」を営業するなど食の世界へ携わるようになる。 2009年渡英。ロンドン郊外の公立カレッジ「Redbridge College」のシェフコースに通いながら、現地のミシュランレストランやベジタブルカフェの厨房を経験。帰国後もイタリア・ボローニャの料理学校に留学するほか、「フランス料理文化センター」主催のフランス料理基礎コースを受講するなど研鑽を積んでいる。 渡欧期間を含む2009年から現在まで、欧州・アジアを中心に100都市以上で食探訪を続けているため、和食を中心に、外国料理のメソッドを取り入れたレシピ開発が得意。 またFood Artistとして、韓国やマレーシアのアートスペースに滞在。ワークショップを行なうなど、海外での活動も広げている。 現在は、広告や雑誌のライティング、レシピ作成、フードスタイリングなどを担当。2011年からは「Conceptual Eat」をテーマに展覧会のケータリング料理などにも携わっている。 著書は「イラストでよくわかる 料理の基本とコツ」(彩図社)、「作りおき ストックおかず」(エイ出版社)、共著「インスタント食堂」(宝島社)など。 【ブログ】 https://asakosasaki.amebaownd.com/