1535560_688970881146267_6251543907953559819_n
日本ホームパーティー協会のワイン担当hiro(ワインアドバイザー)です。

今回はシャンパーニュ(シャンパン)のラベルの読み方をご紹介させていただきます。

【シャンパーニュのラベル】

シャンパーニュのラベル、これをエチケットといいますが、読み方をご存知ですか?

美しいデザインがされたエチケット、そこに記されたブランド名にどうしても目が言ってしまいがちですが、実は様々な情報が書かれています。

ここでは熱狂的なファンがいるクリュッグを例として簡単にご紹介します。

①原産地名・・・CHAMPAGNE、フランス シャンパーニュ地方で生まれたことを意味しています
②生産者名・ブランド名・・・ここではKRUGになります
③生産者情報・・・所在地などの情報です
④甘辛度・・・BRUTとは1Lあたり12g以下の糖分しか含まれていない辛口であることを意味しています
⑤種別・・・このシャンパーニュの特徴などを示しています
⑥生産国・・・もちろんフランスですよね
⑦度数・・・アルコール度数を示しています
⑧内容量・・・一般的なワインボトルは750mlの容量となっています

もちろんこれ以外にも書かれていることがありますので、もっと多くの情報が得られることもあります。たとえば、年号(ヴィンテージ)が入っていたり、原料となるブドウがどこの村で栽培されているのかが記載されていたり、などです。

お出しされたシャンパーニュが、どのようなところで作られたのかに思いを馳せながらグラスを傾けると、ホームパーティーの席がさらに華やぐこと請け合いです。

【写真のボトルについて】

クリュギストと呼ばれる熱狂的なファンをもつ英国王室御用達のシャンパーニュ クリュグです。

【シャンパーニュについてもっと知りたい方へ・・・】

こちらのページにかなり細かく掲載されていますので、ぜひご覧ください。

シャンパーニュの簡単なまとめ[2]
http://www.hirok-k.com/blog/562.html