ホームパーティーではついつい料理に意識が向いてしまいがちですが、ファッションも重要!
参加者がどんなファッションでコーディネートするのかもとても気になるポイントですね!
会場の雰囲気を大幅に変化させる大事な要素でもあるため、ぜひ事前の準備をしっかりしたいですね。
今回はパーティーファッションにスポット当ててアンケートを実施してみました。

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「パーティーファッション」に関する実態調査〜

 

■80%の人がパーティーファッションを所有!さらに購入を考える人は35%
fasion01ホームパーティーに関心のある人の80%が、パーティードレスや礼服用スーツを持っていると回答。また「さらなる購入は考えていない」人が45%に対し、「さらなる購入を考えている」人は35%という結果に。現状のママで良いと増やしていきたい人が、おおよそ半分づつの比率になりました。
その他「持っているが売却(処分)を考えている」人が7.5%、「持っていないがレンタルを利用している」人が5%との回答がありました。

 

 

■パーティーファッションで重要視するポイントは「デザイン」「カラー」「サイズ」「素材」「アクセサリーやバッグ等」!
fasion02最も重要視するのは「デザイン」(95%)。次いで「カラー」(67.5%)、「サイズ」(50%)、「素材」(47.5%)、「アクセサリーやバッグ等の小物」(42.5%)となりました。
その他「価格」(35%)となり、「流行」や「機能性」、「ブランド」、「製造国」などの意見もありました。

 

 

■パーティーファッションの定番は「ハロウィン」&「クリスマス」! 今後は「イースター」にも人気が!?
fasion01定番のパーティーファッションとして「ハロウィンで魔女コスチューム」と「クリスマスでサンタコスチューム」に多くの回答が集まりました。次いで「イースターでウサギコスチューム」、その他には「節分で鬼コスチューム」「七夕で織姫彦星コスチューム」といった意見もありました。

 

■好評だったパーティーファッションは「テーマ性」&「意外性」!失敗したのは「過度な露出」!?
Q.今までに成功した(褒められた、注目された、ウケた等)パーティーファッションを教えてください(フリー回答)
Q.今までに失敗した(着こなし、空気に合わない、ドン引きされた等)パーティーファッションを教えてください(フリー回答)
パーティーファッションの成功例として、「テーブルコーディネートのテーマカラーを取り入れた」、「クリスマスホームパーティーホスト時に、来客側はサンタコスが多いのを見越して、ホスト側はツリーや靴下、プレゼントなど脇役コスで統一」といったテーマ性に寄せたてうまくいったケースが多く寄せられました。
反対に失敗したパーティーファッションのエピソードとして、「露出が多いサンタコスで引かれた」、「ガーデンパーティー時にノースリーブで寒すぎた」といった声が寄せられ、露出ファッションで失敗をした経験者が多い模様です。

Cute little child girl wearing bunny ears on Easter day. Girl holding basket with painted eggs.

■今回のパーティーファッションに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「ホームパーティーの悩みどころの1つがファションでもあります。もちろん、カジュアルに好きなファッションで参加できるのがホームパーティーの魅力でもありますが、いわゆる冠婚葬祭用ファッションだけで、パーティーファッションの全てをこなしてしまうのは勿体ないと思います。男性は気軽に蝶ネクタイなどのワンポイントファッションから、女性は普段とは違う新しいファッションに挑戦してみてはいかがでしょう。ドレスコード(例/蝶ネクタイを着ける、テーマカラーを設けファッションに入れるなど)を設定するのも、非日常感が出ておすすめです。
そして、今後注目すべきはイースターではないでしょうか。特にピンクのウサギの自撮りは、海外のファッショニスタSNS上で数多く見受けられますので、日本でも受け入れられそうな機会がありそうです。」

【調査概要】
調査期間:2017年1月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:18歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、400名

 

●個人ブログや、Webメディアの方へ
当記事内の調査データは引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会調べ」http://hpaj.org/の表記とリンクを必ずお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当記事の引用、転載に関しては事前にご連絡頂ければ許諾します。当サイトお問い合わせフォームからご連絡ください。

保存

保存

保存