バレンタインとホワイトデー、どちらも男女にとってソワソワしてしまう日ですよね?!
今回当協会では、男女別に各バレンタインデーとホワイトデーに関するアンケートを実施。
女性同士でチョコを楽しむ【友チョコ】の実態や、ホワイトデーにプレゼントされて嬉しいもの、男性視点での手作りチョコに対する考えや、ホワイトデーにプレゼントしたいものなどが分かりました!

 

〜日本ホームーパーティー協会調べ/2017年「バレンタイン&ホワイトデー」に関する実態調査〜

■女性同士でチョコを渡す【友チョコ】を楽しむ女性は約40%!
varen02一番多かった回答は「ある」(40.5%)でした。「もらったことがあるし、自分も女性にあげる」(38.1%)と、もらったことがある人と合わせると、女性同士でチョコを渡しあう【友チョコ】を楽しむ人は38.1%にもなり、約40%近い結果となりました。

 

■バレンタインでチョコをあげる人は「本命男性」「職場などの男性(義理)」「友人女性」の3本柱
varen01ホームパーティー好きな女性に聞いたところ、一番多かった回答は「本命の男性」(76.2%)、次いで「義理(職場の男性など)」(61.9%)、「友人の女性」(40.5%)となりました。その他意見として「家族」、「憧れの人(尊敬できる人)」という声もありました。

 

■ホワイトデーのプレゼントで嬉しいものベスト3は「スイーツ、チョコ、お菓子など」「外食」「アクセサリー」
varen03一番多かった回答は「スイーツ、チョコ、お菓子など」(59.5%)でした。次いで「外食をおごってもらう」(45.2%)、「アクセサリー」(40.5%)と続きます。その他の意見は「カード、手紙」「洋服」「手料理&手作りスイーツ」という声もありました。

 

■義理でももらえればやっぱり嬉しい男性が多数!義理ならいらないと断る人も!
varen01ホームパーティー好きな男性へ聞いたところ、一番多かった回答は「義理でももらえれば嬉しい」(74%)です。「ホワイトデーのお返しが楽しいので欲しい」(2%)と合わせると76%の人が義理チョコには肯定的な意見を持ちました。
「義理ならいらない」(10%)、「ホワイトデーのお返しを考えると負担になるのでいらない」(6%)という意見もありました。

 

■手作りチョコは心がこもっていて良い!
varen02一番多かった回答は「心がこもっていて良い」(36%)でした。「女性らしい一面を感じるので嬉しい」(28%)と手作りチョコを歓迎する男性は64%にもなりました。
反面、「正直手作りは重苦しい」(14%)、「市販のチョコの方が味も見栄えも確実」(8%)といった意見もありました。

 

■ホワイトデーのプレゼント3強は、「スイーツ、チョコ、お菓子」「外食」「手料理&手作りスイーツ」も
varen03一番多かった回答は「スイーツ、チョコ、お菓子など」(54%)でした。次いで「外食をおごる」(24%)、「手料理&手作りスイーツ」(18%)と続きます。その他「アクセサリー」「カード、手紙」「洋服」「ハンカチ」といった意見もありました。

C824_choko2_TP_V

■今回のバレンタイン&ホワイトデーに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「近年、バレンタインのチョコレートは男女間で渡すだけではなく、女性同士でも渡し合うシーンが目立ってきました。男性の中には、せっかく高級チョコをあげても、その味や反応にいまいちな人も少なくないようで、そういったテンションの低さから、女性同士でチョコそのものを楽しむ傾向が流行ってきています。「友チョコ女子会」のように、女子会ブームも後押ししていると思います。今後はこういった新たなシーンでのビジネスチャンスも生まれるのではないでしょうか。
男性側の義理でももらえると嬉しい意見は、しっかりとバレンタインが日本に定着している現れかと思います。反面、ホワイトデーのお返しが負担になるとの意見もあり、そのギャップが面白いですね。バレンタインとホワイトデーで男女間で温度差がありますね。最近の料理男子ブームなどで、男性が女性へ手料理やスイーツを披露するなどの動きも注目されています。」

【調査概要】
調査期間:2017年1月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:18歳以上のホームパーティーに関心のある女性から得られた有効回答、420名

 

●個人ブログや、Webメディアの方へ
当記事内の調査データは引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会調べ」http://hpaj.org/の表記とリンクを必ずお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当記事の引用、転載に関しては事前にご連絡頂ければ許諾します。当サイトお問い合わせフォームからご連絡ください。

保存

保存

保存