10013128_691871110856244_722982903021013691_n
日本ホームパーティー協会のワイン担当hiro(ワインアドバイザー)です。

今回はシャンパーニュ(シャンパン)の甘辛度の違いについてご紹介させていただきます。

【甘辛度は7段階】

前回のエチケット(ラベル)の読み方で、甘辛度というものが表記されているとご紹介しましたが、この甘辛度はシャンパーニュ1Lあたりに含まれる糖分量によって呼び名が定められています。

3g/L以下・・・極辛口。ブリュット・ナチュール(brut nature)、パ・ドゼ(pas dosé)などと呼ばれます。
6g/L・・・極辛口。エクストラ・ブリュット(extra brut)と呼ばれます。
12g/L・・・辛口。ブリュット(brut)と呼ばれます。
12〜17g/L・・・中辛口。エクストラ・セック(extra sec)、エクストラ・ドライ(extra dry)と呼ばれます。
17〜32g/L・・・中甘口。セック(sec)と呼ばれます。
32〜50g/L・・・甘口。ドゥミ・セック(demi sec)と呼ばれます。
50g/L以上・・・極甘口。ドゥー(doux)と呼ばれます。

このように7段階に分けられており、エチケットを見るだけでおよその糖分量がわかることから、それぞれに合わせるお料理を考えやすくなります。

一般に甘いタイプはお料理と合わせにくいと考えられていますが、脂質が多く含まれるお料理、例えばフォアグラのテリーヌや豚の角煮などとの相性が良いこともありますので、ぜひ選択肢のひとつとして覚えていただくとホームパーティーでのメニュー選択肢が増えること請け合いです。

【写真のボトルについて】

「シャンパーニュの最も小さく偉大」として知られる名門シャンパーニュ ゴッセ。
伝統にこだわるゴッセのスタイルを最も忠実に表したスタイルを持つシャンパーニュです。

【シャンパーニュについてもっと知りたい方へ・・・】

こちらのページにかなり細かく掲載されていますので、ぜひご覧ください。

シャンパーニュの簡単なまとめ[2]
http://www.hirok-k.com/blog/562.html