こんにちは^^
料理家でフードディレクターの湖山くれみです。

寒い冬もいよいよ本番ですね。
年末年始には何かと集まりが増えますが、そんな季節にぴったりな心も身体もあったまる定番料理・・・といえばやっぱり「お鍋」です。

ホームパーティーでも「お鍋」を中心にコーディネートして、「鍋パ」として皆さんでテーブルを囲んでみてはいかがでしょうか?

アイディアと工夫次第でバリエーション豊かな冬の鍋。お好みの具材を用意するだけなので、おもてなしにも手間いらず。定番と思われがちですが、実はホームパーティーにはもってこいのお料理だと思います。

今回はちょっとエスニック風な鍋をご紹介します。

エスニック鍋レシピ

image02

A:鍋スープ

  • にんにく
  • 生姜
  • パクチーの根っこ
  • こぶみかんの葉
  • レモングラス
  • だしの素
  • 塩・胡椒
  • 醤油・酒
  • ナンプラー

B:具材

  • お好みの野菜
  • お好みの肉や海鮮
  • 豆腐・春雨など
  • ライム、レモン等の柑橘系
  • パクチー

作り方

  1. 鍋に水をはり、にんにく、生姜、パクチーの根(あれば)、こぶみかんの葉、レモングラス、だしの素を入れて沸騰させていく。塩、胡椒、醤油、酒、多めにナンプラーを入れ味を整える
  2. 完成した鍋スープにお好みの具材を入れ煮込んでいく(タイスキ風のしゃぶじゃぶ感覚で食べても美味しいです)
  3. 仕上げにライムやレモンをお好みで絞り、好きな量のパクチーを盛る

【ポイント】

パクチーの根っこはパクチーを買った際に根を捨てずに良く洗い、乾燥させておくと、エスニック料理のスープ出汁をとる時に重宝されます。

出汁をとる特の材料は鍋の中でバラバラにならないように水切りネットに入れたり、ひとまとめにパッケージしておくと便利です。

ベースのスープは具材から水分が出てくるのでちょっと濃いめの味付けにしておきましょう。

アレンジとして豆乳を加えたり、ココナッツミルクてもおいしいです。

ホットソースでさらにおいしく!

ナンプラーの効いたレシピでお野菜たっぷり。お肉のチョイスは牛肉で、お好みでパクチーもモリモリと。

そこへ“ホットソース”を取り入れてもっともっとアツくなってしまいましょう。
お味の変化も楽しいですし、汗をかきながらみんなで囲むお鍋は最高ですよね。

と、ここで肝心の『ホットソース』、見た目も味もお気に入りの3つを紹介します。

image03

誰もが知っている『TABASCO』

全世界共通でタバスコのあがる食卓があると思います。
ピザやパスタだけでなく。ワールドワイドな料理に合わせてみたりしてもアリ。

改めてタバスコの実力を感じることができるでしょう。

酸味があるのでちょっと酸っぱ辛い鍋。酸辣湯(サンラータン)や鶏塩レモン鍋。
などの合わせダレ。として隠し味に使ったりするとGOODです。

お気に入りすぎてリピ確定『メキシチョイス・サルサ』

これは本当に美味しい本格サルサソースで何度もリピしています。

KALDIでお買い求めでき、マイルドとホットがあるのですが辛いもの好きの私としては
断然ホット。にんにくたっぷりのアヒージョ風アホ鍋やインド風カレー鍋等に合わせてみて欲しいです。

このサルサソースにクミンパウダーをプラスするとこれまた絶品!一気に異国の香り漂うスパイシーな気分になれてしまいます。

見た目もお洒落で可愛い『ムーチョアロハ』

引用元:http://www.muchoaloha.com/beans/

鳥のイラストがたまらないコチラは、ハワイとカルフォルニアでじわじわときている
ホットソース。タバスコと違い、こっくりとしたコクがあるので和風でちょっぴり甘めなお鍋の代表、スキヤキ。それに鴨すき。

また韓国のカムジャタン。チゲ鍋などに合わせて味の変化を楽しんでみるのも粋な演出かもしれません。さらにムーチョアロハシリーズには缶ビールもあります!

これまた可愛いパッケージなのでテーブルにおけばお洒落な統一感もでますね^^)

 

定番と思われがちなお鍋ですがホットソースでアレンジしたら、ワールドワイドに色んな国へ旅した気分にもなれちゃいます。

回ごとにテーマを決めた鍋ホームパーティーも楽しいはず。
寒さなんてどこかへいってしまうほど盛り上がる事間違いなしです。

ということで! 皆様も寒さに負けずにホットな“鍋パ”でホームパーティーを開き
せわしい年末も元気にのりきりましょう^^