北欧・フィンランドに伝わる装飾「ヒンメリ」をご存知ですか?本日は、シンプルで美しく、冬のホームデコレーションにピッタリな「ヒンメリ」をご紹介します。

ヒンメリとは

麦わらに糸を通して作る立体的なモービル。幾何学模様の組み合わせによって、驚くほど複雑な表情を見せてくれます。フィンランドではクリスマスを飾る装飾品としてはもちろん、一年を通じて飾られています。

最近では日本でも注目を集め、ヒンメリの作り方をまとめた書籍もあります。

ヒンメリの材料

伝統的には麦わらが用いられますが、より手軽に入手できるストローや、耐久性のある真鍮のパイプでも作ることができます。

真鍮は独特の輝きがあり、耐火性もあるのでオススメです。

真鍮のパイプで作るときには、パイプカッターが必要です。

きちんと長さを測ってカットすれば、麦わらやストローのように折れ曲がらないので作りやすいですよ。

ヒンメリの作り方

まずは基本の3つの形を作ってみましょう。筒の中に糸を通して組み上げていき、最後に持ち上げるといきなり立体になるのは感動的☆

お子さんと一緒に作るのも楽しそうですよね。立体の勉強もできそうです。

さまざまなヒンメリ

そのまま飾っても素敵ですが、ヒンメリにさまざまなアレンジができます。

スワロフスキーを取り付けて、サンキャッチャーのようにアレンジしたヒンメリ。複雑に見えますが、基本の形を組み合わせるて作ることができます。

直線的なヒンメリの中に、有機的な多肉植物を中に入れるのも素敵です。

キャンドルを入れるとクリスマスムード満点。ヒンメリが燃えないように気をつけて。

ヒンメリが落とす影も美しいです。

Vilhelmiina????さん(@vvilkku)が投稿した写真

みんなでワイワイ作っても楽しいです☆

いかがでしたでしょうか?

ヒンメリのもうひとつの魅力は、分解してしまうととてもコンパクトになること。クリスマスツリーの収納にいつもアタマを悩ませているご家庭でも、ヒンメリなら大丈夫かも。

この冬はフィンランド風のホームパーティーも素敵ですね。ハウパでは、ホームパーティーに役立つ情報や、日本初の「ホームパーティー検定」をご紹介しています。

ホームパーティーをもっと楽しく素敵にしてみましょう!