こんにちは。デコレーターの大庭モエです。

もうすぐ待ちに待ったクリスマス。本日はクリマスマスまでのカウントダウンができる、ワクワクがたっぷり詰まったカレンダー「ハーフアドベントカレンダー」をご紹介します。

15個のサプライズ

日本でも浸透してきたアドベントカレンダー。輸入食品ショップでもよく見かけますよね。

一般的には一ヶ月分のカウントダウンになっていますが、我が家では毎年1/2ヶ月分のハーフバージョンを作っています。

????????????????????????????????????
12月11日~25日まの15日間分のカレンダーです。

数が少ない分、ひとつずつの内容を濃くできるので、お菓子だけでなくオモチャを入れてみたり、文房具を入れてみたりとバリエーション豊かにして、お菓子でも旅行先で食べた思い出のものを選んだりすることで、毎日がサプライズになるように、15個のプレゼントを用意する気持ちで詰め込んでいます。

アドベントカレンダー作りを親子で楽しんでいるご家庭も多いと思いますが、我が家ではサプライズのためにあえて夫婦のみで密かに製作☆

毎日、子供が驚く顔を想像しながら内容をセレクトしていくのは1番楽しい作業です。

1年を振り返るラッピング

161103

カレンダーの材料はいらなくなった空箱や袋たち。

なるべく無地のものを選んで、その中にお菓子やオモチャを入れていきます。

そしてそれらをラッピング。

コチラは綿棒のプラケース。ラッピングだけでこんなにキュートに!

161102

ここでも、子供たちがこの1年でもらったプレゼントやお土産のラッピング材を使います。

もちろん購入したものも使用しますが、大切に取っておいた物の中からクリスマスカラーの用紙やカード、また子供が可愛い!と取っておいたタグやレースなどを選んでプラスしていきます。

こうすることで「○○ちゃんがくれたものだ!」なんて言ってはしゃいでくれるんです。子供の記憶力ってすごいです。

荷札をタグにして日付を書く

296

ラッピングが完了したらバランスよく順番を決めて、荷札をタグ代わりにして日付を書いていきます。

最後に両面テープでボードに貼り付けたら完成です。

今回は大きなフレームに貼ってみました。ハーフカレンダーだから、ゴチャゴチャしすぎずすっきりと収まります。

161101

他にも直接壁に飾ったり、貼らずに箱たちを積み上げたり、アイディア次第で色々なものができ上がりますよ。

クリスマスを盛り上げるお部屋のデコレーションにもなるので是非作ってみて下さいね!