こんにちは^^
料理家でフードディレクターの湖山くれみです

前回は“お箸”をテーマに和食中心。ご縁の“橋わたし”にもなってしまう日本のパーティーレポをご紹介させていただきました☆

前回の記事はこちらです☆

今回はホームパーティーでおもてなしする料理の「世界観」の作り方についてご紹介します。

01
ホームパーティーで「おもてなしするお料理」、一見難しそうに思いがちですが、実はそんなことはなく簡単に楽しめます。

私の独自のパーティーフードにおいては、和洋折衷、ワールドワイドにどんな国にコンセプトを置いてもつくれてしまうのですが

コツとしては

  1. 素材を集める
  2. スパイスやハーブ、調味料で国籍を決めて行く
  3. お皿やカトラリー、テーブルコーデで世界観をだす

という3つをアタマに置いてはじめます。

02

先日はスペインやイタリア地方の洋風ミックス。

季節の果物や旬の食材、草花を取入れると雰囲気のでるテーブルになります。

03
鮮度も大事で、活き活きとしたフレッシュ感を損なわないように、見た目から食材の魅力を感じていただける盛り付けにしましょう。

テーブルに並べたらシャッターチャンスが訪れて、集った皆さんが笑顔になり思わず写真をとりたくなるような、お料理をサーブする毎に歓声が聞こえてきそうな、そんなイメージを沸かせながらワクワクして調理、スタイリングしていきます。

04

するといかがでしょうか??
自然とフォトジェニックになるようなテーブルのできあがり。
(お気に入りのアプリでちょっぴり自分色に加工してみのも楽しみのひとつ?!)

はやく美味しいお酒で乾杯したいですよね!グラスが幾重にも重なる乾杯シーンも大好きな瞬間です。

05

(レシピはあげたらキリがなくなってしまうので…
また何かの折に。お料理ひとつひとつ。そしてコツなどもレポできたら嬉しいです。)

05_02

そろそろ皆様にとってもパーティーシーズン到来の季節?!
ホームパーティーの魅力はみんながHOTになれる。
そんなスペースをつくってしまえる事だと思います^^

06

皆さんのあったかでお洒落なパーティーも気になります〜!!

遊びにいくのも、おもてなしするのも両方たのしいですよね。
だからこそホームパーティーってやめられません。

次はどこでどんなパーティーをしようかな。
色々なシーンを浮かべながらお料理も考えて・・・。

“テーブルを囲むと笑顔になれる”
そんなパーティーシーンを沢山の方がつくってくれたなら
日本のホームパーティー文化もより一層HOTになりそうな予感です!

シェア
前の記事絵本を見ながらパーティーを企画しちゃお!「レシピえほん」【高梨亜里】
次の記事混ぜるだけで本格的な味!NORTH FARM STOCKの北海道パスタソース
湖山 くれみ
TVや雑誌のフードコーディネートやスタイリング、レシピ監修、執筆、広告、プロモーション全般。 自社でアパレルブランド展開。各メディアではグルメ関係のキュレーターやコラム執筆も勤め、企業向けのフードサービスを幅広く実施し国内外問わず注目を集める。 美容師、OL、イラストレーター、カフェ経営を経てフリーの道へ。 2015年〜 合同会社FTW.llcを設立と共に自身の手がけるエプロンファッションブランド『escargot』をスタート。 日常のライフスタイルにすぐにでも落とし込めそうな“おもてなしポイントと居心地の良いお洒落感”でテーブルを囲むと笑顔になれるフードディレクションの数々を現在も手がける。 2016年〜 一般社団法人日本ホームパーティ協会よりホームパーティ検定1級を授与。ホームパーティーのあらゆる知識に精通し、教室開催、世界各地にてホームパーティー料理や文化の魅力を伝える事に貢献している。 【ホームページ】 http://kuremi.com/ 【著書】 料理家10人のとっておきスープレシピ やせる!健康になる!魔法のスムージー&スープ (共にエイ出版社) 【ブログ】 http://kuremi-blog.com/ 【#cart】 https://cart.st/kuremi 【ぐるなびippin】 http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/koyamakuremi/