こんにちは^^
料理家でフードディレクターの湖山くれみです。
だんだんと季節も移ろぎすっかり秋めいてきましたね。

さて、前回は海外からの南国パーティーレポをご紹介させて頂きました。
☆前回の記事はこちらです☆

日本に帰ってきてから急に仲間や和食が恋しくなり、日本ならではの文化をとりいれた和風のホームパーティーを開催しました。

今回はそのレポをご紹介します。

テーマは「お箸」。

歌舞伎座や京都に出店されている名門店様よりご縁を頂き、素敵な“マイ箸”のお土産付きとなりました。

01

手料理を召し上がられた後、箸キャップに納めてそのままお持ち帰り。ライフスタイルでもマイ箸を色々なシーンに合わせて使っていただけるようにと、色々なご縁の架け橋。そして“橋わたし”を願って。

02

ドレスコードは“ちょっぴり和装”。を意識。
浴衣やお着物。それらを上手に現代とミックスさせ、お洒落に着こなしをされている方。
皆様それぞれ工夫されたりしていてとても素敵でした。

03

なんと、いつのまにか忍びの者まで紛れ込み、会場を賑わせてくれました。

04この伊賀の忍者が手裏剣や日本刀、組紐を持ってきてくれたので、テーブルコーディネートにとりいれてみたところ、グッと雰囲気が出て盛り上がりました。

05

乾杯ドリンクには、なんとも贅沢な紅白の「馨和 – KAGUA」やご当地クラフトビールをご提供頂き、縁起のよいテーブルに。

 

06

歌舞伎座仕様のお箸と紅白KAGUAがお似合いで、来場して頂いた瞬間からワクワクしていただけるおもてなしのポイントになったと思います。

07お箸は受付の際に皆様へ1膳づつ心を込めてプレゼント。おつくりさせていただいたお料理はやはり和食が中心となり…

08

煮物、焚きもの、焼き物、ごはんもの。などなど。
京都のおばんざいを意識して色鮮やかに並べていきます。

09

10
おなかいっぱいになって満たされて欲しいので、つい沢山つくりすぎるのも玉にキズでしょうか。

11

同じテーブルを囲み、大皿料理をとりわける。話にも花が咲きワイワイ賑やかなホームパーティーとなりました。

12

そして、湖山くれみが手がけるホームパーティーは一部ギャザリングスタイルです^^
皆さんが愛してやまないドリンクやお薦めフード等、たくさんお持ち寄りしてくれます。

13
おかげさまで毎回豪華な演出になり、またそれによりお客様同士のコミュニケーションが加速するので、パーティー自体が終始飽きる事なく盛り上がり続けてくれるのです。

そんな皆様からのお気持ちにもいつも本当に感謝しています。

14

と。今回は

“箸”とかけて”橋”ととく。
そんな皆様への“架け橋”となるホームパーティーとなったでしょうか。

来て下さった方々がお腹も心も満たされてみんなが仲良くなれるような。
テーブルを囲むと人々に笑顔が広がる。そんな瞬間が大好きです*

これからの季節、日本はどんどん寒くなっていきますので、秋や冬にもあったかくなれる様なホームパーティーをひらいてみたいな。

湖山くれみのパーティーレポ。
リビングから、また、たまに海外からもお届けできるように
次回も楽しみにしていて下さいね^^

編集部より

お箸のお土産付きの和パーティー、素敵ですね!ホームパーティーでは「テーマ」を決めておくと、料理の内容やデコレーションの雰囲気を統一しやすく、ゲストも手土産や服装を考えやすくなります。ぜひ参考にしてみたいです!