暑い夏がようやく過ぎて、外で過ごすのが心地よい季節になってきました。この秋こそ、「おしゃピク」に挑戦してみませんか?おしゃピクデビューで失敗しないための徹底ガイドをご紹介します!

おしゃピクとは

Rihoさん(@riho__pcy12)が投稿した写真

「おしゃれなピクニック」を略して「おしゃピク」。Instagramのハッシュタグでも注目されている、新しいピクニックのスタイルです。カラフルでガーリーなアイテムを多様して、SNSで自慢しまくりなピクニックを作ってみましょう♡

ズームイン!!サタデーでおしゃピクが紹介されました

zoomin

日本テレビ系で放送されている「ズームイン!!サタデー」で「おしゃピク」が新しいトレンドとして紹介され、日本ホームパーティー協会が取材されました!

当日のセットでは、フライングタイガーの食器類、コールマンのチェア、IKEAのシャンパングラスやニトリのクッション、ホムパリのブレッドボールなど、おしゃピクを盛り上げてくれそうなアイテムがたくさん登場しました。

おしゃピク作りのコツ

ふつうのピクニックとおしゃピクの違いって何でしょう?コツを押さえて、憧れられるおしゃピクに挑戦です!SNSへ投稿するときにはハッシュタグ「#おしゃピク」も忘れずに○

アイテムはカラフルでガーリー!

おしゃピクで使うアイテムは、元気いっぱいなビタミンカラーのカラフルなものが人気です。生活感のあるものや、ハードなアウトドアっぽいアイテムより、女の子らしさを大切にしたガーリーなアイテムをセレクトしてみましょう。

フードやドリンクはお手軽でも可○

おしゃピクで人気のフードはサンドウィッチや海外のお菓子など、お手軽なものが多いです。おしゃピクアイテムをたくさん持って行くことを考えると、フードやドリンクはお店で購入したものでもよいでしょう。

お皿や盛り付けでぐっとおしゃれになりますよ♡

コンパクトに楽しいことを盛り込んで☆

たくさんのアイテムを持ち込んだおしゃピクは、きちんと片付けられるだけの体力を残しながら開催することが大切です。

お花見の宴会みたいにずーっと長く続けるのではなく、コンパクトに楽しいことを盛り込んでメリハリのある開催にしてみましょう。元気いっぱいで楽しんで、元気いっぱいで帰って行けることがおしゃピクでは大切です。

酔いつぶれた姿はちょっとおしゃれじゃありません。アルコールは控えめに。

おしゃピクにオススメな場所

おしゃピクは屋外で行うのが一般的です。いろいろな荷物が増えがちだから、場所選びはとても大切。東京都内でおしゃピクにオススメな場所をピックアップしてみました。

代々木公園

とても広い芝生の広場がある、東京を代表する公園のひとつです。表参道や渋谷にあるお店でおしゃれなスイーツや飲み物をしっかり買い出しできるので便利です。いつもたくさんの人で賑わっています。

代々木公園|公園へ行こう!

新宿御苑

新宿駅からはちょっと遠いけど、隅々まで手入れされているとてもキレイな公園です。入場料金が必要で、夕方になると入場ゲートが閉まってしまうので注意しましょう。アルコール類の持ち込みは禁止されています。

新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会

檜町公園

Yumi Andoさん(@yumi_ando)が投稿した写真

六本木ミッドタウンの東側にある檜町公園。ミッドタウンの中にあるお店で買い出しをして、手軽におしゃピクができます。公園にはアートな遊具もあるので子供たちも思いっきり楽しめそうです。

グリーン&パーク|施設/サービス案内|東京ミッドタウン

有栖川宮記念公園

arisugawa

広尾や六本木から近い有栖川宮記念公園。公園のすぐそばには「ナショナル麻布マーケット」という外国系のスーパーがあるので、おしゃれなフードやドリンクを手軽に購入できます。

有栖川宮記念公園

おしゃピクにオススメなアイテム

おしゃピクをしっかりおしゃれに楽しむなら、アイテム選びがとっても大切です。ハウパがオススメするアイテムをご紹介します!

敷きもの

ベンチやテーブルのある公園以外の場所では、地面に敷くピクニックシートは必需品です。オススメなのは少し厚手で保温力があるタイプのもの。たとえばこちらは、女の子4人で座っても大丈夫なサイズで、地面からの冷えを防ぐ二重構造になっています。

角には「ペグ」を打って固定できるように穴が開けられているので、風で飛んでいく心配もありません。

大判なピクニックシートはおしゃピクのイメージでとても重要なアイテムです。さまざまな色や柄があるので、お気に入りを探してみましょう♪

また、ピクニックシートの上にテーブルクロスを置いてもGOODです!

初夏のピクニックを120%楽しむ!テーブルコーディネート術!

クッション

@yucarinstaが投稿した写真

ひとりひとつずつ持参したいのが、カラフルなクッションたち。

ひざに抱えておしゃべりしたり、寝転がったときにまくらのように使ったり、あればあるほど便利です。

ミニ黒板

おしゃピクに絶対に欠かせないのが小さな黒板。開催した日付や集まった友達の名前を書いておけば、後から見たときにもすぐ思い出せます。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみもおしゃピクの人気アイテムです! instagramではダッフィー&シェリーメイの支持率がとても高かったです。

木製の器やカッティングボード

さちねさん(@scn_819)が投稿した写真

チーズやサンドウィッチを乗せるだけで、ぐっとおしゃれに見える木製の器やカッティングボードたち。ひとつ持っていると本当に便利に使えますよ。

グラスやメイソンジャー

おしゃピクだったら、紙コップや缶ジュースではなく、グラスに注いで飲みたいです。ガラス製のグラスは割れる心配があるので、透明度の高いプラスチック製のグラスがオススメです。

また、分厚いガラス製なので重たいけれどメイソンジャーも根強い人気です。

かごバッグ


ピクニック気分を盛り上げてくれるのが、絵本に登場するようなナチュラルなかごバッグ。そばにあるだけで温かい気持ちになりそうですよね。

写真を撮るときにはさりげなくかごバッグが写っているような構図にするとよいと思います。

ガーランド

木にくくりつけてデコれるガーランドも人気アイテム。木を傷めないようにしっかり気をつけましょう。遠くからでも見えるので、待ち合わせの目印にもなりますよ。

ここまでやれば上級者?おしゃピクアイテム

ふだんのおしゃピクではもう満足できない!というおしゃピク上級者にオススメしたいアイテムをご紹介します。

ケーキスタンド

イギリスのアフタヌーンパーティーのように、複数のプレートが重なったケーキスタンドは憧れですよね。スイーツをたくさん並べてみましょう♪

アイデアいっぱい!「ホテル椿山荘東京 ~ル・ジャルダン~ アフタヌーンティーレシピ」

モバイルプロジェクター

映画館のように大きく映像を投影できるのが「プロジェクター」。屋外で使いやすい手のひらサイズの製品が少しずつ登場してきました。

ASUSのモバイルプロジェクター S1は、本体にバッテリーを内蔵しているから電源コンセントが近くにないときでも使用できます。専用ケーブルを使えばスマホからの映像を簡単に大きく投影可能!白い壁や布などをスクリーンの代わりにして、ピクニックシアターをお手軽に作ることができます♪

ミニスピーカー

スマホのスピーカーから音楽を再生させてもいいけど、専用のスピーカーを用意すれば高音質・大音量になります。

おしゃピクに持って行くなら、大きすぎないサイズのものがオススメ。音量に気をつけて楽しみましょう。

自立式のハンモック

「一度は寝てみたい!」という憧れを持っている人も多いハンモック。大きいので持ち運びが大変だけど、思い切って登場させてみると盛り上がりそうです☆

火を使わないランタン

オイルランプのようなレトロなデザインが魅力のLEDランタン。火ではなく乾電池を使うので安全です。ぼんやりとした明るさから、しっかりとした明るさまで調整可能なダイヤル式。室内で使うのも素敵ですね。

おしゃピクにオススメなフード

@sao1120_ooが投稿した写真

おしゃピクでは、片手で食べやすいサンドウィッチやホットドッグのようなフードが人気です。お箸ではなく、ピックやフォークを用意しておきましょう。

サンドイッチパーティーをしよう!

簡単につまめる「フィンガーフード」をたくさん用意すれば、おしゃれ度がUPします♪

ホームパーティーで大活躍するフィンガーフードレシピ2種

ファーストフードのテイクアウトでも、盛り付けを変えるだけで素敵に変身。ドギーバッグのようなランチボックスへ移し替えたり、ドリンクのストローにドーナツを通すのもかわいいですよね!

室内のホームパーティーと違って、屋外だと使った食器類を洗うことが難しいので、使い捨てのもので準備するのもよいと思います。

ホームパーティーがオシャレにラクできる紙のお皿「WASARA」に注目!

おしゃピク、誰とやる?

キャンプやBBQと違って、おしゃピクは女の子同士で楽しんでいる人が多いようです。たしかに、ちょっと男性は参加しづらいかもですね(笑)。大人数になりすぎても大騒ぎの宴会のようになってしまいそうですし、4人くらいがちょうどよさそうです。

仲良しな友達を誘っておしゃピクを楽しんでみましょう♪

おしゃピクで気をつけること

おしゃピクを公園や広場のような公共の場所で行うときには、それぞれの場所のルールを守ることが大切です。「こんなことやっていいのかな?」と迷ったときには、事前に公園の管理事務所へ確認しておきましょう。

直火やガスバーナーのルール

takibi

公園内では火気の使用が禁止されていることが多いです。焚き火をやったり、ガスバーナーを持ち込んでお湯を沸かしたりしたいときには気をつけておきましょう。

電気や騒音のルール

発電機を持ち込んで大音量で音楽を流したり、カラオケをしたりするのは他の利用者の迷惑になるので禁止されていることが多いです。ふつうの会話でも、盛り上がってくると騒音と感じられることがあります。周囲への配慮は忘れずに。

飾り付けのルール

hunmook

公園内の木にハンモックのような重量物をくくりつけることは禁止されている場合があります。ガーランドなど軽量なものを付けるときにも、クギで打ち付けるようなことはNGです。キャンドルをたくさん並べるのも火災の恐れがあるので、事前に確認しておきましょう。

喫煙のルール

3b097380db336e4d3c272da71dafdc1d_s

日本は喫煙のルールがとても緩く、公園の中で喫煙している人もたくさんいますが、まわりに子供や煙が苦手な人がいないかを確認して、必ず携帯灰皿を持参しましょう。

空き缶や空き瓶の中に吸い殻を入れるのは絶対にダメです。

ゴミのルール

ゴミ箱が設置されている場合でも、なるべくゴミは自宅まで持ち帰りましょう。近くにあるマンションのゴミ置き場やコンビニのゴミ箱へ捨てるのは絶対にダメです。

あらかじめ余計なパッケージは剥がしておけばゴミの量を減らせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

晴れの日が増える秋はおしゃピクにピッタリなシーズン。素敵に準備して、おしゃピクデビューしてみましょう♪